fc2ブログ

帰 省

お客様には大変ご迷惑をお掛けしましたが、4月23日(月)~27日(金)までの5日間の旅をしてきました。
旅行代金と所要の事、店休業の事等総合条件を考慮してやむを得ず自家用車を使いました。

1日目
東名阪鈴鹿インターより天理~西名阪を使い大阪南港フエリーのりばへ(19時05分発別府港行き)
フエリーに乗るのは30年ぶり?「さんふらわあ」は初めて。(9245トン長さ153m定員710名)
1時間前に乗船すると売店・デッキカフェ・レストラン・大風呂ありでまさに海に浮かぶ大型ホテルの様。
Bは風呂に入るとMとレストランで夕食バイキング。一番安いツーリスト部屋も連休前のせいかガラガラでゆっくりと寝ることができました。

2日目
別府港には定刻通り朝6時55分に着岸。
下船するとすぐに宮崎県綾町に向かった。綾町は初めて行くのでカーナビ頼り。大分インターから乗ったのだがどうも下調べした高速道路と違う。高速代6千円以上で所用時間5時間半以上ももかかるナビ表示。「おかしい~」大分よりも北の湯布院~福岡方面に入ってしまった。慌て最初のインターで降りてナビを綾町へ入れ直したがまた同じ高速に案内され別府~大分間を1週半してしまった。
ナビのが古すぎたのか東九州自動車道が出てこない。朝食も取ってないし腹が減ってきたが大型チエン店などでは食べたくない、適当な個人店を探したが見つからなかった。仕方なく高速を諦めてとにかく南に向かって走った。一般国道?県道?山辺を走ること約1時間、古い店らしい甲板が見えたので寄ってみた。地元で採れたと思われる野菜果物がいっぱいで安い。おまけに手作り弁当があった。これなら走りながらでも食えると思い大きないなりずしを買った。すると宮崎ナンバーの大型トラックが止まった。「運転手さんですか?この道を走れば宮崎までいけますか?」と聞くとその方はよくその裏道?を走るようでその店で買い物を済ますと「この先ちょっとわかりにくい所があるからついてきな。そこを過ぎると山道に入る。登坂車線があるからそこで僕を追い越しな。その先は1本道だよ」。なんと優しい人なんだ。追い越すときクラクションを鳴らすだけのお礼となった。おかげで無事宮崎県に入れた。途中で小さな道の駅に寄った。「牧水10割そば」320円で食べれた。憧れの若山牧水に思いを馳せた。そして午後3時頃「自然休養村センター綾川荘」に別府から7時間かかってやっと到着。川沿いにある素敵な宿であった。
日本一の規模で残る照葉樹林帯(2012年ユネスコパークに登録)自然と共生する町・照葉樹林都市・・・国の宝として後世に継承しようと住民参加型の活動が行われている。当日は雨降りだったが長さ250m高さ142mの大吊橋から見る照葉樹林帯は美しく、とても感動した。自然を守る活動に感謝です。

DSCF3261_convert_20180504175418.jpg

DSCF3260_convert_20180504175500.jpg

DSCF3257_convert_20180504175641.jpg

3日目
朝になり雨が止むと「綾川荘」の裏を流れる川縁を歩くとなぜかうれしさがこみ上げてくる。
DSCF3266_convert_20180504175752.jpg

宿で東九州自動車道までの道を教えてもらうと、今度はうまくふるさと大分県佐伯市直川まで帰れた。
直川(村)には3人の兄弟が住んでいましたが3人ともガンで亡くなってしっまた。でも兄嫁や甥姪、四国に住むすぐ上の兄も駆けつけてくれ僕たちを大歓迎してくれアユ料理や巻きずしなどの手作り夕食会だった。2年前に亡くなった六男(僕は八男)の初めての墓参りも出来き、その日1泊させてもらった。
帰省にあったて大阪に住む四男から「直川に400年以上まえの釈迦堂石とうがあるので写真撮ってきてくれ」と宿題がでたのでやっと探して見てきた。また自分が行きたかった佐伯の「国木田独歩館」にも行けた。彼の『春の鳥』を読んで感激したからだ。

4日目
別府港18時45分発に乗船するため昼前にはふるさとを離れた。途中姪が教えてくれた「なずなの会」(赤峰勝人ーニンジンから宇宙へ著)の運営する自然食品とカフェに立ち寄り食事した。田舎でもこんな素敵な店があるんだと嬉しくなった。行きと同じコースで、5日目の昼に帰着した。

もう死ぬまでふるさとには帰れないだろうと思う里帰りにしては短い旅だった。でも味わい深い長ーい時間を過ごせた。
何年も前から自分史『ふるさとをもとめて』を書いているのだがなかなか進まない。第3の人生終盤向かうまでには完成したいと思っている。人は希望を失った時から老いが始まると言う。 「今がすべての始まり。」(B)




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森のカフェ&ギャラリーコナラ

Author:森のカフェ&ギャラリーコナラ
コナラキャラクターのコナラっちです。
どうぞよろしくおねがいいたします。
〒511-0266 三重県いなべ市大安町石榑南2999-5 宇賀渓内
tel/fax;0594-78-3045
mobil;090-9663-2168
営業時間 10時~17時(ショップは時間外もOK)
営業日 水・木・金・土・日(但し第3日曜日は休業)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる