fc2ブログ

加子母村

 8月8日、9日、岐阜県加子母村・かしもむら・と読む(現・岐阜県中津川市加子母)へ行ってきました。
 長野県との県境近くにあり、2年前チェンバロでお馴染みのアトリエ玉手箱さんところに初めて伺ってから、加子母村に行くのは2度目でした。
 今回は、娘夫婦が加子母でのボランティア活動(針金細工)に呼ばれたので、ジジババが孫2人の面倒を現地で見ることになりました。
 実は加子母には、名古屋時代大変お世話になったSさんご夫妻がいます。旦那さんは加子母村出身で、当時は名古屋で本当に困っている人のための地域に根差した法律事務所の事務局長をやっておられました。
たまたま私共はその近くのボロ長屋で脱サラでガリ版印刷屋をやっていて生活にも困り果てっていた時でしたが、その事務所に昔の知り合いがいて、印刷の仕事を頂く事ができました。

 その後、Sさんが定年を機にUターンされていることを知り、今回の加子母村行きで18年ぶりにお会いすることができました。Sさん夫妻が早速ボランティア会場まで来て下さり感激しました。名古屋での思い出話や、互いの現状の様子などで話が盛り上がりました。 お二人には貴重なお時間を頂きました。
 またSさんが今、地域活動の一環で編集委員長を務められた『加子母老人クラブ連合会50周年記念』誌を持参いただき、帰宅後拝見させて頂きました。地道にそして着実に今も活動されていることに敬意を表します。
 翌日は、孫たち身内で川遊びや大杉地蔵尊・明治座を見学させて頂きました。楽しかったです。特に明治27年に建てられ今も歌舞伎などが行われている明治座は素敵な所でした。
 
日本各地で平成大合併が行われ、今「ふるさと」が失われつつあります。これは大変なことだと思っています。政府、行政の大汚点だと思っています。
僕の生まれ育った大分県直川村からも『村』と言う文字が消えました。4月に何年振りかに帰省しましたが、店は全国どこでも見られるチェーン店の甲板で個人商店は減り、それと同時に自然が失われ、心の『ふる里』さえも奪われつつあります。今回あえて加子母村と村を付けて書かせていただいたのは、僕の「わがまま」からでしょう。(わがままとは、我がそのままの気持ち、と勝手に解釈しています)
 加子母村にも僅かでも「天然のヒノキ林」が残っているのだろうと思います。ヒノキは日本固有の針葉樹である。その中で特に人工林の森が放置され、天然の森が伐採されるなどこれも政府や行政の怠慢と言ったら言い過ぎでしょうか。
 今、木曽の「天然林を守る」取り組みが始まっています。市民も【人工林と天然林の役割の違い】について考えてみる時が来ていると思います。近年の気象変動はあまりにも世界各地で天然林が減少し、本来の自然環境が人間のご都合主義で破壊されていくことへの警鐘だと思っています。(勿論人工林の役割を否定しているものではありません)
 色んな事を考えながらの加子母の旅は楽しい2日間でした。(B)
 
プロフィール

森のカフェ&ギャラリーコナラ

Author:森のカフェ&ギャラリーコナラ
コナラキャラクターのコナラっちです。
どうぞよろしくおねがいいたします。
〒511-0266 三重県いなべ市大安町石榑南2999-5 宇賀渓内
tel/fax;0594-78-3045
mobil;090-9663-2168
営業時間 10時~17時(ショップは時間外もOK)
営業日 水・木・金・土・日(但し第3日曜日は休業)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる