裏山散策

久しぶりの裏山散策です。
今年の夏は雨が多かったですね。雨が多いと自然の植物たちはそれなりに元気です。
昨年今年と当地では台風による大雨はなく、毎年のように床下浸水に見舞われてきたのがうそのようです。
北西から南にかけて山に囲まれた狭い里のため、これから冬にかけ一層日照時間が短くなります。
自然との共生を考える私共にとっても厳しい現実と向かい合う日々があります。
日当たりのよい山里とは違い、「秋の野に咲きたる花を指折りてかきかぞうれば七草の花」とはいきません。
それでも街中とは違い自然の草花に出合う機会が与えられ嬉しい限りです。
私共の店も借地ですが、所有者のない土地、山などありません。だが「自然はみんなのもの」です。みんなの物を大切にすることによって個人の物も大切にされます。地球を大切にすることは人間を大切にすることに繋がっていくと思います。
                                                                                                
ヤマウド
 ナギナタコウジュ


火の用心
 自然はみんなのもの 自然を守りましょう

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ
トンボたちの季節ですね。
当店の裏庭(雑草園)にトンボたちがやってきます。
今年はいつもよりミヤマアカネの数が多いです。
ハグロトンボやアオハダトンボ、時々オニヤンマがパトロールにやってきます。
ミヤマアカネはいつも草むらで翅を休めているので目立つのかもしれません。
シオカラトンボは今年も少ないような気がします。2~3年前からあのかわいいイトトンボの仲間たちの姿が見られなくなってしまいました。なぜでしょうか気になっています。
お盆のこの時期だけ宇賀渓にも精霊トンボとも呼ばれるウスバキトンボが大群でやってきます。飛び回る力が強いようで翅を休めることがなく、いつの間にか団体でいなくなりまた突然やって来たりします。
昨日は奈良のお寺で身内の法事があり行ってきました。「盆は早よ来りゃはよ戻る」ですね。故郷が恋しい(B)。

自然と暮らす

 アカシデ
アカシデ

「森のカフェ&ギャラリーコナラ」は三重県と滋賀県の県境にある峠の麓、いなべ市大安(だいあん)町と言う三重県の北西に位置します。その中の「宇賀渓」は古くから登山(竜ヶ岳)やキャンプ場として栄えたところです。
7年前に名古屋市内から自然を求めこちらに移住しましたが、僕たち若いころ名古屋から遊びに来ていた頃にあった店も寂れ昔の面影はありませんでした。
その後ここ2~3年ほど前から登山ブーム再来となり登山客は増えましたが昔と少し変わりました。
日本の山の多くが信仰の山からスポーツの山となったのかと思われるほど、タイムを競って走って登る人も多く見られるようになりました。山を愛し、自然を愛し、四季の移ろいを大切にしながら登る人がどれほどいるのかなーとふと思います。
深山まで多くの人が入り、その反面山里は寂れています。今日の自然環境のことを考える時「深山」「里山」「山里」それぞれの役目についてあらためて考えてみることも必要ではないでしょうか。

  平和あり自然と暮らす今日がある (B)

   

美しい宇賀渓を

身の回りの自然が急速に失われていく今、私たちはどうしたらいいのだろう。
人為的に進む地球温暖化の問題を後回しにして、経済問題だけが最大の課題として取り組もうとする日本はじめ先進国?地球人の本当の幸せを考えるのなら、それらの国は本当の意味での先進国とは言えないだろう。地球がダメになったら月や火星へと夢を広げようなどとは僕らは思わない。人間は地球に適した動物として進化してきたと思いたいのだが。
話が肥大化してしまったところで、自分の身近な環境についてあらためて考えてみた。
7年前に自然と新たな生活を求めて妻と2人で名古屋市内からここ「宇賀渓」に引っ越してきたが、この機会に今の思いをまとめてみたた。
皆さんのご意見などお聞かせいただけると幸いです。
 
私共の考える宇賀渓のコンセプト

 自然豊かな「美しい宇賀渓」を目指す。
  1.里山の保全と深山の保護。
  2.里は市民の「いこいの場・交流の場・学習の場」として、
    誰もが気軽に立ち寄れる所とする。

宇賀渓の自然

ヤマザクラ
ヤマザクラ
里の桜の多くは、ソメイヨシノですが、ソメイヨシノが散ってしまうと、山ではヤマザクラが咲きはじめます。山肌を彩り、目と心を楽しませてくれます。
ソメイヨシノの何本もかたまって咲くのもきれいだと思いますが、ヤマザクラを見上げ、パラパラパラパラと咲いているのを見たときは本当に清楚で美しいと思いました。近くまで行けないのが残念ですが、それだけに色々想像することが心の癒しになるのかもしれません。

(にぎわいのソメイヨシノをくぐりぬけ、深山きてみる山桜花 B)


シロモジの花と芽吹き
シロモジ
宇賀渓の遊歩道にはシロモジがたくさんあります。小さな黄色い花が固まって咲きます。このような小さな黄色の花はいろいろありますが、シロモジは葉の先が3裂しているので、よくわかります。

サルトリイバラ
サルトリイバラ
里に近いところでよく見かけます。つる植物は森の乾燥を防ぐため森の入り口に生えるという。マント植物の一つなのでしょうか。今年はたくさん花をつけています。秋には赤い実がたくさん見られるかな~


プロフィール

森のカフェ&ギャラリーコナラ

Author:森のカフェ&ギャラリーコナラ
コナラキャラクターのコナラっちです。
どうぞよろしくおねがいいたします。
〒511-0266 三重県いなべ市大安町石榑南2999-5 宇賀渓内
tel/fax;0594-78-3045
mobil;090-9663-2168
営業時間 10時~夕暮れ
定休日 水、木、第3日曜

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる