スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳寒にも春

2月13日
 
 今年3回目の大雪警報が出ましたが、昨日の雪も止み今朝青空がのぞくと屋根の雪解け水が美しい3本の氷柱になりました。
私事で恐縮ですが、3人目の孫が誕生しました。女子で名前は春の七草にも出てくる植物と同じ(ひらがな)になったようです。
 
「寒い朝も心ひとつで暖かくなる~」 年を取り子供たちに教わることが多くなりましたが、孫たちにも教わるまで長生き出来たらと迷惑なことを考えてみたりしています。

 季語雨水ももうすぐです。自然の森の草木も芽吹くのもすぐですね。自然を愛する皆さんまた一緒に山里を歩きましょう。
スポンサーサイト

海上の森を歩きました

海上の森4日
 海上の森 ものみ台

私共が自然に学ぶ原点となった海上の森に(万博開発から森を守っていただいた方たちに感謝しながら)毎年お正月に訪れています。
コナラ年賀状の呼びかけで、11名の自然大好きな人たちが集まりました。
朝の内は曇り空でしたが森の中はあたたかく昼前からは木漏れ日も差し込み、心も温まりました。
10年前より常緑の樹木も大きく育ち、ものみ台からの眺めは大分閉ざされましたが、ソヨゴやサルトリイバラの実が残っているのを見ながら皆でおにぎりを食べました。帰り道も大量の落葉の中を気持ちよく歩くことができました。ありがとう。

今はすべての始まり

今はすべての始まり
強く、この道を、(戦)前に ・・逆走を許さない取り組みが今求められている。
平和を望まない人間はいない。
日本の平和憲法を「ダメだ!」と本当に思っている人はごくごくまれであると思う。
また、参院選で3分の2の改憲推進勢力に投票した国民が改憲賛成とは限らない。
今の平和憲法の精神が(特に9条)何百年いや永久に続いてほしいものだ。
日本人の平和だけを願っているのでは利己主義になる。全人類の平和を願う。
さあ、自己の名誉や欲望(よくばり)を捨て、永遠の戦後に向かってがんばろう。
    今はすべての始まり。 (B)

軍拡では平和(安心)を守れない

 30年以上前から私共は「豊かな自然と平和を!」スローガンにしてきました。そして少しでも自然との共生の道に近づきたいと都会からまだ自然の残る田舎へ引っ越してきました。
 今は自然の恵みをいただきながら、戦後日本の平和憲法のお陰で感謝の日々です。どんなに貧乏していても平和な社会のなかで生きていけたらそれが一番の幸せです。
 ところが近頃おかしな時代の始まりが来たのではないかと心配する日々です。一部の人間が、平和という言葉だけをを巧みに利用し、「日本の平和を守るため」と言いつつ、自らの支配力を拡大しようとしているように思えてなりません。
 他国の人々の幸せは?人類全体の幸せは?戦争とは相手を殺しても罪にならないという恐ろしい戦いの土俵です。 
 今回は参議院選挙で、任期は6年で途中解散はない。(衆議院は4年で途中解散もあり)  
 どんな人たちであれどんな国の人たちであれ命は平等です。平和憲法に傷をつけてはならない。憲法9条は、世界に誇れる日本の誇り、宝です。すべての国に、このような法が出来れば戦争はありえないと思います。
 さあ、希望をもって明日の投票に行きましょう。 
 

 

9条のともしび消すな参院選

 7月10日は参議院選挙投票日です。午前7時~午後8時まで。
 未成年と呼ばれる18歳から投票ができるようになったが、20歳未満はなぜか選挙運動はできない。
 僕は7月1日で71歳になる。当たり前だが、投票も選挙運動も今のところ死ぬまでできる。(今では当たり前の時代だが出来ない歴史があったのですね)
 1945年・昭和20年、終戦間際、末っ子の8男として生まれた。同級生の数は少ない。多くの命の芽が奪われた終戦の年だからである。
 戦争の反省からできた新しい(平和)憲法の中で今日まで生きてこれた、生かされてきた。親父やおかん(母)の愛はもちろん戦後の民主主義をめざす教育を受け、自由と平等の社会への夢と希望を語り合う仲間の中で青春時代を過ごすことができた。僕は幸せ者だ。
 老い先を考える歳になったが、なぜか自分のことより若者たちの未来が心配の今日この頃である。
 71年以上前の戦争に突き進んで行った時代と同じことが起きていると先輩たちに聞かされ、またテレビやラジオでも危惧する声が聞こえて来る。未来を担う若者たちのことが心配になるのは、年のせいでだけではないのだろう。
 憲法9条はこれから先も世界に平和をアピールする絶好な材料となるでしょう。
 武力で平和は守れない!戦前の反省を。イラク戦争の反省を。 改憲アピールに騙されない。

 皆さん平和憲法を守りましょう。
 若者たち子供たちを守りましょう。 
 徴兵制の道づくりをさせない投票を!(B)

 

自然に学ぶ

昨日24日付中日新聞1面トップと3面にノーベル物理学賞受賞者益川敏英さんのインタビュー記事が載っていました。
「技術 常に軍事利用恐れ 科学者、危険性自覚を」の見出し。「科学技術が戦争に使われるのか、平和利用されるのかは紙一重。
技術は一度、公になれば軍事利用はたやすくできる」と。科学者が権力者(政府)に悪用される危険性を考えると恐ろしいいですね。
いきなり別の話になりますが、日本山岳会会長も務めた理学博士、今西錦司さんが晩年に書かれた講談社発行の「自然学の提唱」を以前読んだことがあります。ダーウインの進化論に意義を唱えた人でも有名な方です。「自然科学」との決別を宣言し、「自然学」の必要性を訴えられている文章を読んで感銘したことをなぜか新聞を読みながら思い出しました。
 今の僕自身に思うこと(言い聞かすこと)
  歴史を学べ 歴史に学ぶな
  自然に学べ 自然を化かすな  (B)

プロフィール

森のカフェ&ギャラリーコナラ

Author:森のカフェ&ギャラリーコナラ
コナラキャラクターのコナラっちです。
どうぞよろしくおねがいいたします。
〒511-0266 三重県いなべ市大安町石榑南2999-5 宇賀渓内
tel/fax;0594-78-3045
mobil;090-9663-2168
営業時間 10時~夕暮れ
定休日 水、木、第3日曜

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。